So-net無料ブログ作成

『古道具 中野商店』 [本]


古道具中野商店 (新潮文庫 か 35-7)

古道具中野商店 (新潮文庫 か 35-7)

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫


タイトルに惹かれて買ってみた。
ふむふむ。『センセイの鞄』の空気感がある・・・。
中野商店の商店主の中野さん、その姉のマサヨさん、アルバイトの同僚タケオとわたし。
彼らの日常を中心に多少人間関係が広がっていくけれども、
この商店を中心に進展しそうでしないタケオとわたしや中野さんと彼女、マサヨさんと彼の恋愛が少しずつ描かれていくだけで
全体としてはドキドキしないのである。
でも、なんだかいい雰囲気でなんとなく読み進めてしまうのである。
親子でもないし、同世代でもない、世代間の友情かな・・・?アドバイスもあるんだけど、お仕着せがましくない感じ。
なんでも結論付けたがる昨今だけど、こういうのもいいかもしれない、だから舞台が「古道具」屋さんなんだろうか・・・。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。