So-net無料ブログ作成
検索選択
ごはん ブログトップ

ペルーのいくら丼 [ごはん]

日曜日、息子が淀川河川敷でキャッチボールとバッティングがしたいと言い出したので
連れて行くことになったが、雨模様だった。
そこで父親は方向が同じだったこともあって
息子が喜ぶ、いくら丼を食べに連れて行くことにしたようだ。
以前から息子本人がテレビで紹介されていたのを
店名とおおよその場所を記憶していたらしい。
「安くて美味しいらしい」というのがキーワードだった。
東心斎橋のあたりは休日の昼間は閑散とした感じだが
夜は別世界なのだろう、スナックやバーのような看板がたくさん読める。
お店はカウンターのみで9席。最初家族4人で覗くといっぱいで少々待った。
もう2時前でお昼の時間は閉まってしまうのを心配したが、
その心配は必要なかたようだ。
席について注文したとき
「ぷちぷちの食感があるものかソフトで脂が乗ってるものかどちらがいいか」聞かれた。
私は「脂の乗ったソフトなほう」にした。ほかのメニューに味噌煮込みやカニの味噌汁があるようだ。
いくら丼にも味噌煮込みのこんにゃくが一切れついてきた。(こんにゃくに切れ目が入っていて食べやすかった)
漬物も味噌漬けだったみたいだし、いくら丼と味噌味って相性いいのかも。
いくら丼はたっぷりのいくらに、ご飯がちょうどよい量で味もとろんとしていて美味しい!
これで680円なんて、贅沢かも。。。
いくら丼が680円だと話だけ聞いていたら、物足りないのではないかと思ったが、
十分に満足できた。
ご飯といくらを少しずつ食べながらもずっといくらがちゃんと表面を覆っている、と書いたら
書きすぎだろうか。
わさびやからしが業務用の大きなチューブで置かれているし
ほうじ茶もセルフサービスのお店で気楽な感じ。だからかな、安くて美味しいは本当だ。
息子はまた行きたいらしい。

ビルの前に看板があるのでわかった。

大阪市中央区東心斎橋2-2-7 タワーエステイトビル1F

ペリーのいくら丼


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ごはん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。